Copyright © 2016 kenkoujyutaku-dk All Rights Reserved.

室内空気室測定方法の種類

 

採取方法は簡易測定精密測定の2つに分かれる。 

 

簡易測定

デジタル表示や目盛りの読み値により現場ですぐに結果が表記出来るもの。

精密測定

厚生労働省がガイドラインで定めた方法であり、

吸引方式(アクティブ法拡散方式(パッシブ法)がある。

 

 

 

 

 

吸引方式(アクティブ法)

→ 室内空気を採取する際に、吸引ポンプを使用し強制的に空気を捕集管に吸着刺させる方法

拡散方式(パッシブ法)

→ 室内空気を採取する際に気体の蒸気拡散を利用し空気を捕集管に自然吸着させる方法

 

 

◆アクティブ法とパッシブ法の違い

吸引方式(アクティブ法)で採取を行った場合と拡散方式(パッシブ法)で採取を行った場合では、測定器結果に若干の相違が見られるこれは、吸引方式(アクティブ法)の測定結果は30分の平均値であり、拡散方式(パッシブ法)の測定結果は24時間の平均値であることを起因する。室内濃度測定の測定対象物質であるアルデヒド類及びVOC類は温度変化により室内の放散量が変動する。

吸引方式(アクティブ法)の30分間の平均値であれば、温度変化は殆ど見られないが、拡散方式(パッシブ法)の24時間の平均値では夜間に気温が下がることに伴い室内の温度も下がることから、吸引方式(アクティブ法)で採取を行った場合と拡散方式(パッシブ法)で採取を行った場合を単純比較すると拡散方式(パッシブ法)で採取を行った場合のほうが、低い測定結果になることが多い。

 最近の日本における各社の空気室測定器方法では吸引器を使用しない低コストの拡散方式(パッシブ法)が多く見受けられるが、根本的に過小評価した測定方法であり、当社では吸引方式(アクティブ法)で判断する事が、より確実な測定が可能であると考える。

 

よって、当社は依頼者から測定依頼を受けた場合は吸引方式(アクティブ法)を採用し実施を行っています。

分析に関しては、大阪府立産業技術総合研究所あるいは大阪環境技術センターにて行い試験報告書の提出を行います。