〒535-0022大阪市旭区新森4-19-27

株式会社 健康住宅デザイン工房 代表取締役:安井哲人

NPO法人 日本健康住宅協会 大阪北支部支部長

TEL:06-6170-2367 FAX:06-6170-2368

201603@kenkojyutaku-dk.com

​営業時間 9:00~18:00 休日:第2第4水、日、祝

Copyright © 2020 kenkoujyutaku-dk All Rights Reserved.

健康住宅デザイン工房はシックハウス/環境アレルギーが起こらないリノベ(リフォーム)&コンサルティングをご提供しています

 

​当社の思い

家にいる時間は人生の中で最も長く、家は体に活力を生み、エネルギーを蓄えるための重要な場所です。

 

しかし、今世界中で化学物質を含む食べ物や建材、電磁波、花粉症やPM2.5など、人間にとって害をもたらすものが増えています。もはやお家の中も安全ではなくなってきています。

 

環境病やアレルギーの原因、症状は人それぞれ違います。

 

お家の安全と安心を見直してみませんか?

 

特に小さなお子様がいらっしゃるお家では、子供たちの未来の為にも環境について考えてみて欲しいと思います。

 

我々は点検により、体に影響を与える原因を探り、その解決策をお知らせします。

そして必要であればリフォームでの解決策や最適な方法をご提案させて頂きます。

 

 

 

 

皆様が心豊かに暮らし、生活を快適にデザインしていくきっかけづくりが出来ればと考えています。

健康住宅に必要なもの

住宅の役割にはいくつかありますが、家は家族のシェルターであり力を蓄える場所でなければなりません。

 

しかし、今の住宅は雨・風をしのげても、それ以外の影響により、安心して体を休める事の出来ない場所になっています。その為、シックハウス症候群化学物質過敏症電磁波過敏症などの現代病を生み出してしまいました。

 

我々は、現在世界で最も進んでいる健康住宅に関する学問、ドイツ・スイスで発祥した生物建築学「バウビオロギー」を元にリノベーションを考えます。

スイスの建築家と連携をとり、最新の情報を元に提案致します。

 

 

①十分な睡眠がとれ健康な安心出来る空間、

デザインがある幸せな空間、

住まい方の工夫による快適な空間、

がある安らぎの空間、

 

 

バウビオロギーを軸に、家族が健康で笑顔であるように、この上記4つを実現する事が住宅の大きな役割と我々は考えます。

健  康

今は多くの家の壁はクロスが使用されています。

しかし、一度珪藻土や漆喰を塗った家に住むと、その良さに驚きます。北側の部屋でも湿気が出ません。いつも快適で健康でいられます。

 

また、無垢の床材を使うとその肌触りは最高で、素足でいる事が嬉しくなります。そして、柿渋を塗った建具や床材は年数がたつごとに独特の味わいと良い香りがします。

 

一度自然素材を使われた方はその良さを実感し、次にリノベーションをする時も同じ材料を使いたいとおっしゃいます。それほど素材や施工方法によって暮らしの快適さに差が出てきます。

健康に良い素材・工法による家づくりを進めて参ります

デザイン

住む場所がデザインされていたか、どうかで10年も経つとその人の性格や感覚はかなり違ってくることでしょう。家にいる時間は思っているより長く、デザインは意識していなくても無意識の中に必ず入り込み、その人に影響を与えるものです。深層心理への影響は測り知れません。

 

だからこそデザインは自分で納得のいくものであるべきです。人は自分の個性にあった空間に身を置くと、心に落ち着きと安心感が生まれます。自分の家を自分の色やセンスにカスタマイズする事で我が家は本当の安らぎの場所になります。

 

世の中にある画一的で同じような家にいても本当の幸せはやってきません。とことん拘って好きなものを選び、自分だけの器を作りましょう。

住まい方

人それぞれに個性があるように住まい方も各人各様です。人生のライフステージによっても異なりますし、働き方や趣味などのライフスタイルによってもまさに暮らしはその人その人で違います。

家という器に合わせて住まい方を変えるのではなく、自分らしさを表すためにデザインを選ぶように、自分の住まい方に家を合わせるべきだと我々は考えます。

どう住まいたいのか?何が心地よいのか?一緒に考えましょう。ご家族にそしてあなたにとって最も過ごしやすい暮らし方を見つけましょう。

緑  化

人類は古来より植物と共に暮らしてきました。人類が植物から得た恩恵は数知れません。

 

現代でも暮らしの中に緑がある喜びを大切にしたいものです。そしてそれは少しの工夫で実現します。近代化が進み、密集した建物の中で暮らす事を余儀なくされた人々は、いつの間にか緑に目を向ける事が少なくなってきています。

 

もう一度緑と共に暮らす住まい方を考えてみませんか?植物と共存する事は心にやすらぎを得られ、住まいに潤いと生命力が満たされます。緑ある生活を楽しみましょう