Copyright © 2016 kenkoujyutaku-dk All Rights Reserved.

​精密 室内空気質測定分析(アクティブ法)

2​

 室内空気質測定(アクティブ法) 

室内の空気に健康被害の原因があるか調べます。

当社は信頼性の高い吸引方式(アクティブ法)で測定致します。

            

(VOC測定 有料の場合の測定方法)

測定計画    ①測定場所の設定

         基本的には居間と寝室・外気を測定場所とする。

         その他、臭いが気になる部屋、日当たりが良く室温が高くなりやすい部屋、

         最上階の部屋、または階数がより上の階の部屋

 

        ②測定スケジュールの設定

         工事の全工程が完了した後の引き渡し2~3時間前の30分間(新築の場合)

         24時間いつでも(居住住宅の場合)

         温湿度計により計測場所も変える

 

事前準備    ③測定器など準備物の手配

 

        ④測定場所についての注意事項の確認と徹底

         塗料や接着剤が室内にないか確認

         臭気がないか確認

         部屋への立入の禁止

         測定位置 壁の中央部(壁から1m以上離れて)高さ1.2~1.5mの位置

         外気の測定値は室内測定場所と同程度の高さ、

         外壁および空調の設備排気口より2~5m離れた位置

 

        ⑤サンプリング用ポンプの取扱方法確認

         サンプリングポンプの流量計パネルの確認、動作確認、積算流量のリセット

 

        ⑥サンプラーの取扱方法確認

         測定中以外は冷蔵庫にて冷蔵管理

         ホルムアルデヒド用サンプラー、VOC用サンプラーの開封と設置準備

 

        ⑦温湿度計の取扱方法確認

         つるす際にはひもに注意

 

測定開始    ⑧室内換気・閉鎖の実施(新築)

        ⑨サンプリング用ポンプの設置と動作確認

        ⑩サンプラーの設置・測定開始

         ※30分間測定を同時に2回もしくは3分測定を2回連続で実施

        

測定終了    ⑪サンプラーの分析

分析結果報告  ⑫報告書の作成

        ⑬お客様へのご報告