医師との問診

化学物質過敏症

 

◆化学物質過敏症とは

化学物質過敏症(Chemical Sensitivity (CS))は、極微量の薬物やある種の化学物質の曝露によって健康被害が引き起こされ、人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされています。
日常生活に支障がでるだけなく、病名の認知度が低いことから、患者は症状に苦しむだけでなく、周囲の理解も得にくいという孤独感も伴います。
国際的には多種類化学物質過敏症(Multiple Chemical Sensitivity (MCS))が一般的名称です。

国内では、2009年10月1日から、厚生労働省がカルテや診療報酬明細書(レセプト)に記載するための病名リストに加えたばかりの病気です。

戻る

(化学物質過敏症)ウィキペディア→