CS、ES対策!マンションの健康住宅リフォーム


先日8月末に完成した健康住宅仕様のマンションリノベーション。


電磁波過敏と化学物質過敏の両方にお困りのお客様でした。


最初は他社の健康住宅系のリフォーム会社さんと打合せをされていたそうですが、


一般の健康住宅系のリフォーム会社さんでは難しいと判断され、弊社にお声をかけて頂いたようです。


詳しく言えば、電磁波測定士のデンツさんにご相談され、弊社を紹介されたという形でした。


今回は、とても検討箇所が多い物件でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・無垢材でしかも遮音等級を確保する事に。

 マンションには大抵、下の階の方に音が響かないように一定の遮音等級というものを確保せねばなりません。無垢材でやる場合はそれが非常に難しく、認定をされた遮音マットというものを下に敷かねばなりません。

その為、今回7種類の健康な遮音マットをとりよせ、試しました。その中でお客様に確認して頂きましたが、その中で一つだけOKのものがありました。今回これを使用する事とし、実験を重ね、工夫して接着剤は仕様せずビス止めしました。


・建具は、匂いのないアルミ系にしました。


・棚板等はお客様が反応しないカフェ風足場板仕様のものに。


・設備は合板を使用していないものに。


・家具のは無垢材で接着剤は食用に使われる日本製の糊を使用しました。


・漆喰は健康仕様で一番安全なものに。


・下地にもこだわり、特別な木材を取りよせました。


・床と天井にスパンボンドをひいてオールアースにしました。


・水廻りには匂いがなくて接着剤を使わない、置床をひきました。


・内窓を入れて電磁波対策。


・畳も完全健康仕様のものに。


・襖の貼替えも特別和紙で匂いのないものに。


・照明計画はLEDを使用せず、なるべく電磁波の影響のないように工夫しました。

 特に浴室はメーカー仕様のものにせず、マリンライトを取り付けました。


・キャビネットボードやキッチン吊戸棚などは、新しく合板系のものは嫌なので再利用しました。見た目を新品のように見せる為に、最初はダイノックシートを貼るつもりでしたが、

お客様にはこの匂いがダメでした。

その結果、匂いのない特殊シートをなんとか見つけて貼りました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 まだまだありますが、とにかく過敏症の方の為のリフォームとは工夫と根気と時間がかかります。その方によって大丈夫な建材が違いますから、お客様と共に作り上げるものとなります。


工事が完成しても、しばらく匂いが飛ぶまで期間が必要です。このくらいの工事では、最低2か月くらい。工事内容やその方の体調によっても違います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



工事後も最初のうちは匂いが残って入れませんでしたが、今は快適に過ごされているとの事です。

弊社にご依頼頂き、本当に有難うございました!










0件のコメント

最新記事

すべて表示

部屋をフルリフォームしたマンションを賃貸で借りました。築25年程度です。それがきっかけに、2歳の娘が腹痛や嘔吐がつづきます。 何度か病院に入院しましたが、その時は大丈夫になります。 病院で検査を受けたが、原因がわからず、家に戻ったとたんに同じ症状が続きます。食事も気を付けているが効果がなく、親二人もアレルギー体質なので、家の何らかの化学物質に反応してしまっているのではないかと思い始めています。一度