CS仕様のキッチン工事おわりました


ご依頼のお客様は、今年に入り、あるハウスメーカーでLDKのリフォームをされたそうです。そのお家自身がそのハウスメーカーの家でしたので。。。。




そしてその結果、、、残念ながらリビングに入る事ができなくなったとの事です。

それをきっかけに過敏症になられ、少しの化学物質にも反応してしまうそうです。


そこで、ご依頼を受けて調査をさせて頂く事になりました。

その結果、特にキッチンの匂いがひどく、これが主な原因だという結論に達しました。

弊社でこのキッチンの入れ替えのご提案を行い、また換気方法の改善提案と、健康住宅に近づける為に壁の一部漆喰塗りをご提案致しました。



キッチンメーカーはホーロー仕様のタカラスタンダードです。

過敏症の方にはタカラスタンダードは強い味方ですね。


しかし、それでも天板の下には合板、パーティクルボードが貼ってます。

過敏症がひどい方はこれもなんとかする必要があります。

なので、

特殊なテープでこれを覆い、封止しました。






また、シール材も拘り、安全なシールを使いました。

一番重要な事は、床下や壁内の空気がキッチンを通して室内に入らない事。

これは下地工事から気を付けなければいけません。


キッチン工事一つにしても、過敏症対策は非常に気を使います。




今回、気が付いた事は、カップボードの設置は特に気を付けなければいけないという事です。

意外に匂いがこもります。

ホーロ板の間には木片のスペーサーが入っていて、この匂いがビス穴から出てくるようです。また、際部分のシールの匂いも引き出しの中にこもりますので対策が必要です。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

部屋をフルリフォームしたマンションを賃貸で借りました。築25年程度です。それがきっかけに、2歳の娘が腹痛や嘔吐がつづきます。 何度か病院に入院しましたが、その時は大丈夫になります。 病院で検査を受けたが、原因がわからず、家に戻ったとたんに同じ症状が続きます。食事も気を付けているが効果がなく、親二人もアレルギー体質なので、家の何らかの化学物質に反応してしまっているのではないかと思い始めています。一度