top of page

業界初・“化学物質フリー”のキッチン、始めました

この度、化学物質過敏症の方のリフォームのために、「“化学物質フリー”のキッチン」を始めました。

化学物質フリーのキッチンのイメージ写真
※写真はイメージです。

わたしたちは以前から化学物質過敏症の方向けにキッチン工事を承っていました。

これまでわたしたちが採用していたのは、タカラスタンダードのホーロー製のキッチン。他社にくらべて格段に化学物質が少ないからです。

とは言え、そのタカラスタンダードでも、どうしても化学物質が排除しきれない部分があります。


それは、コンロの下や天板の下のパーチクルボード(木片を集めて固めた板)。パーチクルボードは、木片を接着剤で固めた木材のため、その接着剤から微量のホルムアルデヒドが発生しますので、化学物質過敏症の方にとっては使用を避けたい部材です。


コンロ下の板は問題なく撤去できるのですが、最近の天板下の板は、ちょっとやそっとでは取れません。以前は、化学物質過敏症対策であればメーカーにお願いして取ってもらうこともできたようですが、今では工場でのライン生産のためなのか、対応いただけないようです。


過去に一度、無理やりにでも取れないものかと思い、タカラまで足を運び、タカラの方と一緒に解体したことがあるのですが、天板にがっちりくっついてしまっているので、取るのも大変な上、取ってもはがれ残しが付いてガタガタになってしまうのです。


たいていの化学物質過敏症のお客さまは、天板下はテープで封止することで解決できるのですが、以前にご依頼いただいたあるお客さまの場合は、それでは解決できませんでした。


それ以来、化学物質過敏症の方でも安全に使えるキッチンはできないものかと、わたしたちもずっと試行錯誤しておりましたが、やはり自分たちで一から作るしかない、と腹を括り、化学物質フリーのキッチンをオリジナルで作ることにしました。


この「“化学物質フリー”のキッチン」、ひとことで言いますと、「ステンレスと木材による、デザインと空気質を両立したキッチン」です。


ステンレスだけで作ることもできますが、ステンレスだけでは冷たい感じがしますし、デザイン的にもアクセントが欲しいところです。空気がキレイなだけでなく、美しく、心も和むキッチンであることが理想です。なぜなら、機能とデザイン、素材の良さが揃うことで、キッチンは、毎日そこに立ちたくなり、料理をすることが楽しくなる場所になるのです。


その結果、「“化学物質フリー”のキッチン」は、ステンレスの良さと木材の良さを互いに活かしたデザインになりました。木という素材は、人に温かさや落ち着きを与えてくれます。もちろん、木の部分は全て無垢です。合板にはないリッチな質感と存在感は、シャープで堅甲なステンレスとの相性もバッチリです。


今回はプロトタイプということで、わたしたちの利益を最小限に抑えて提供いたします。

ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。

化学物質フリーのキッチンのチラシのイメージ

ーーーーーーーーーーーーーーーー


▼調査・点検依頼▼


化学物質や電磁波による体調不良でお困りの方、

自分の場合はどうなんだろう…?と心配な方は一度ご自宅の点検をさせてください!

調査結果をもとに安心して暮らせる”衣食住”のアドバイスさせていただきます。


>お申込み・お問合せは

こちらのフォームよりお待ちしております。


担当者より折り返しお電話かメールなどでご返信させていただきます。

bottom of page